トップページ > ブログ > 国際コンサルティング協会 中谷よしふみ理事長、SHINKSHIKI Group 甲斐 努さん、社主 桑原みどりさん、HSP合同会社大澤すずみ代表がご来所。タイガーマスク運動 ランドセル基金 についても伺いました。


前の記事: »

国際コンサルティング協会 中谷よしふみ理事長、SHINKSHIKI Group 甲斐 努さん、社主 桑原みどりさん、HSP合同会社大澤すずみ代表がご来所。タイガーマスク運動 ランドセル基金 についても伺いました。

NPO法人 国際コンサルティング協会 中谷 よしふみ 理事長、
SHINKSHIKI Group 最高顧問 甲斐 努さん、社主の桑原みどりさん、
ハッピースクールパートナー代表 大澤すずみさんに事務所にお越し頂きました。

NPO法人国際コンサルティング協会の中谷よしふみ理事長は、元中学校の教員で、子どもの健全育成のための活動もされています。
子どもたちへのランドセルを贈る活動として話題となったタイガーマスク運動を15年以上にもわたり続けてきており、さらに難病の子どもたちにディズニーランドを楽しんでもらう活動も行っています。

国際総合スポーツ機構理事長、国際ビジネスコンサルタントとしても活躍されており、広島平和記念式典に参加のあとその足で事務所まで来てくれました。
お忙しい中ありがとうございます。


SHINSHIKI Groupは、沖縄を中心に総合建設業、通販事業、ショップ運営事業、コンサルティング事業等を行う企業グループです。

最高顧問の甲斐さんは、NPO法人国際コンサルティング協会の常任理事であり、社主の桑原みどりさんは、同協会附属国際ビジネス大学校沖縄本校校長や占術学科教授も務められています。

社主の桑原さんは企業家として各法人を統括経営をしているほか、全国で公演かいやセミナーを開催し、テレビやラジオ等のメディア出演、全国流通での本の出版と活躍されており、今年の4月には東久邇宮記念賞まで受賞されています。

お三方とも、東京と地元の2大拠点でご活躍されており、お忙しい中でお会いいただき、本当に感謝です。

ハッピースクールパートナー代表の大澤すずみさんは、同じく子どもの健全育成に関わる活動をされており、以前には豊島区・池袋サンシャインシティで行われているママイベント「リトル・ママフェスタ」の視察もさせていただきました。

現在は、人手が足りない教育現場や、共働きの保護者の方々の時間的、精神的負担を軽減し、子どもを災害被害や犯罪から迅速に緊急対応できるようなシステムサービスを立ち上げているほか、タイガーマスク運動をさらに広めるため、「いのちのランドセル」と銘打ったアプリを開発・展開されています。

彼女の行動力と人望で、様々な方をご紹介、おつなぎいただいており、社会課題やビジネス課題を解決する実践力は、区政にも参考させていただいています。
いつもありがとうございます。

活動的でエネルギッシュな方々と話がもりあがってしまい、あっという間の時間でしたが、おかげさまで私もパワーをもらいました。

長時間にわたり様々なお話をさせて頂き、本当にありがとうございました。

大好きな豊島区を盛り上げていけるよう、一度原点に立ち返り、熱い気持ちで豊島区政を動かしていきます。

◆関連記事
タイガーマスク運動 ランドセル基金
いのちのランドセル 公式アプリ
http://push-app.jp/happyarrangement/

SHINSHIKI Groupホームページ
https://www.shinshikigr.com

NPO法人国際コンサルティング協会
附属国際ビジネス大学校ホームページ
https://www.ibuniversity.biz

関連記事
国内最大級のファミリーイベント「リトル・ママフェスタ東京2018 夏」
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1879316442132063.1073742372.100001611776311&type=1&l=9af152db62

豊島区議会平成30年第2回定例会本会議
豊島区議会議員 豊島区無所属元気の会 小林弘明 一般質問
『「共働き・子育てしやすい街」ナンバーワン継続実現と、「女性にやさしいまちづくり」施策満足度の向上を!』
https://www.facebook.com/kobayashi.hiroaki/videos/1905023249561382/

#豊島区 #池袋 #ランドセル #タイガーマスク #共働き #子育て #いのちのランドセル #国際コンサルティング協会 #国際ビジネス大学校

◆~もし豊島区がこんな街だったらどうですか~ 豊島区政リサーチ アンケート実施中!
ぜひご協力ください!

「にぎわいの創出」を目指して様々な施策を実施している豊島区。

しかしながら、たとえにぎわいが生まれても、そのことで増えた収入が、しっかりと区民サービスに還元されなければ意味がありません。

そこで、私が思う「こんな行政サービスのある豊島区だったらいいのにな」と思える街を想い描いてみました。

あくまで構想の段階ですが、要望が多かったものについては、住み続けたい街・豊島区を実現していくためにも、また、にぎわいの創出で増えた収入を区民還元するためにも、今後の区議会活動や行政に対する提言としてしっかりと参考にさせていただきますので、ぜひアンケートへのご協力をお願いします。

 

https://goo.gl/forms/KqYG4vKBdL744r0H2

 

 

kobayashihiroaki@kobahiro.jp
豊島区 議員 選挙 無所属 豊島区議会議員 小林弘明 ポスター 待機児童 費用弁償


「いいね」ボタンを押して、応援してください!


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.


Leave a comment




前の記事:
»


b

このページの先頭へ