トップページ > ブログ > 平成29年 東京都議会議員選挙 投開票結果。豊島区は前回よりも約8%、投票率が増加しました。


前の記事: »

平成29年 東京都議会議員選挙 投開票結果。豊島区は前回よりも約8%、投票率が増加しました。


東京都議会議員選挙の投票結果、開票結果の集計が終了し、東京都選挙管理委員会より発表がありました。

今回の投票率は、豊島区では50.12%(前回+7.80%)、東京都全体で51.27%(前回+7.77%)でした。

豊島区の20代30代子育て世代の方に政治や一人でも多くの方に投票していただけるように、日々活動していますが、今回豊島区は、前回よりも8%近く投票率を伸ばしており、同じ副都心である新宿区(49.34%)、渋谷区(46.00%)より多かったのは、非常によかったと思います。

私も、今回初めて投票権を得た高校3年生の3男の息子と、家族全員で、東武百貨店の期日前投票に行きましたが、新しく豊島区に住み始めた方や、特に若い方々にとって、投票所がわかりやすいところにある、というのは、投票率向上にとって非常に重要です。

今は池袋だけですが、巣鴨や大塚や駒込、目白の各駅や、区内大学構内など、様々なところで投票できるようになるよう、議会等で発言していきたいと思います。

今回の都議会議員選挙では、都民ファーストの会が大幅に増えました。

小池百合子政治塾「希望の塾」の塾生だった仲間のメンバーも数多く当選しました。

対照的に、第1党だった自民党が大きく議席を減らしたほか、共産党は前回の選挙に引き続き、今回も議席を伸ばす結果となりました。

平成29年度 東京都議会議員選挙結果

都民55(追加公認無所属6含む)
自民23
公明23
共産19
民進5
生活者ネットワーク1
日本維新の会1

合計127

こうした結果は、今の政治の不満の受け皿として、都民の声が反映されたものだと思います。

前回との大きな違いとして、18歳選挙権が解禁されたこともあるかと思いますが、私自身の感覚として、無党派層を含め若い世代が投票に多く行ったような感じがします。

若い世代の間での投票に対する機運の上昇や、連日の報道で注目が高まっているのかもしれませんが、こうして選挙が注目されるのは非常に良いことだと私は思います。

投票率があがることで、若い世代の男性・女性の声も、どんどん政治に反映されるでしょうし、実際に若い人に向けた施策が反映される頻度・確率も上がってきています。

今国会では、次回の区議会議員選挙(2019年)でのマニフェストチラシの配布が可能となる公職選挙法改正案が可決となる見込みだそうです。

私自身も、たくさんの人に、政策、そして政治に興味をもってもらえるよう、引き続き活動していきます。

◆関連記事
豊島区 都知事選期日前投票の利用者数伸び率23区中1番と判明!
小林弘明 議員提言の全国初・百貨店内売り場内への投票所設置が池袋で実現!
豊島区議会平成28年第3回定例会 小林弘明 一般質問

豊島区 都知事選期日前投票の利用者数伸び率23区中1番と判明!小林弘明 議員提言の全国初・百貨店内売り場内への投票所設置が池袋で実現! 豊島区議会平成28年第3回定例会 小林弘明 一般質問

豊島区、本気で投票率を上げたいなら、これくらいやってくれ!豊島区議会議員小林弘明 豊島区の駅・商業施設・大学に投票所設置で、若者世代 子育て世代よ、 そうだ豊島区選挙へ行こう!
平成27年第1回定例会 一般質問 全文
http://kobahiro.jp/blog150308/

希望の塾 塾生として、多くの専門家から地方政策を学ばせていただきました。
https://www.facebook.com/kobayashi.hiroaki/posts/1309858972411149

 

豊島区議会議員 小林弘明へご質問・ご要望等 メッセージをお寄せください。
お問い合わせはこちらから!
kobayashihiroaki@kobahiro.jp

豊島区 選挙 議員 新庁舎 無所属 投票 立候補 立教
豊島区 候補者 TUNE ゆうたろう 柴田昭 貝原大和 豊島区を盛り上げよう


「いいね」ボタンを押して、応援してください!


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.




前の記事:
»


b

このページの先頭へ