トップページ > ブログ > 平成23年度耐震診断結果と、十分な耐震性が確保されていない施設への対応について


前の記事: »

平成23年度耐震診断結果と、十分な耐震性が確保されていない施設への対応について


耐震結果についての資料画像(クリックで拡大)
  
  
平成23年度に実施した耐震診断の結果を、ランクごとに区分した情報です。
また、それらに基づき、区で策定した対応状況についても合わせてお知らせします。

このランクは、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」及び「東京都が所有する防災上重要な公共建築物の耐震化整備プログラム」に基づくものです。

こうした情報を公開する際、施設の利用に不安を覚えたり、風評被害のようにとられてしまう可能性もあります。
しかしながら、区民の生命・財産を守るためにも、現在の状況や区がどのように対応していくのかをきちんと情報公開していくことが重要であると考えております。
緊急的に使用を停止する施設や改修工事など、区民の皆様にはご不便をおかけしますが、区民の皆様が安全・安心して末永く利用できる施設にするためにも、耐震性確保にご協力いただければと思います。

また、先だって発表されました「首都直下型地震発生時の豊島区の被害想定」・「豊島区避難場所一覧」についても、併せてご覧いただき、緊急時の安全・安心確保に備えていただければと思います。

「首都直下型地震発生時の豊島区の被害想定」・「豊島区避難場所一覧」
http://kobahiro.jp/blog120504
  
  

平成23年度耐震診断結果とランク区分

(以下、豊島区の資料より抜粋・整理して作成)

Aランク・・・耐震性が確保されている
B1ランク・・・十分な耐震性が確保されていないため、計画的な対応が必要(is値が0.3以上0.6未満)
B2ランク・・・十分な耐震性が確保されていないため、速やかな対応が必要(is値が0.3未満)
※is値とは、構造耐震指標のことで、0.6以上あれば倒壊・崩壊の危険性は低いとされています。算出方法等、詳しくはこちら
is値について(一般財団法人 日本耐震診断協会 ホームページより)
http://www.taishin-jsda.jp/is.html

<Aランク>
区民ひろば富士見台
西部保健福祉センター
旧朝日中学校別棟
障害者就労支援センター
長崎健康相談所
池袋第二児童館
西部子ども家庭支援センター
千早4丁目アパート

<B1ランク>
心身障害者福祉センター(新館)
道路工事事務所
旧高田小学校校舎
千早地域文化創造館
千早図書館
旧朝日中学校校舎
※旧千川小学校校舎
※旧第十中学校校舎
区民センター
※区役所別館

※は、平成22年度以前に耐震診断した施設のうち、十分な耐震性が確保されていない施設。

<B2ランク>
旧高田小学校体育館
旧朝日中学校体育館
埋蔵文化財調査室
保健福祉部分庁舎
高松第一保育園
※旧千川小学校体育館
※旧第十中学校体育館

※は、平成22年度以前に耐震診断した施設のうち、十分な耐震性が確保されていない施設。

<コンクリート強度不足>
区民ひろば池袋
 
 

十分な耐震性が確保されていない施設への対応について

B1施設は平成27年度までに使用停止または解体・改修等を行う。
B2施設及びコンクリート強度不足施設は可能な限り速やかに対応する。
※施設の運用計画や移転・統合・廃止などの詳細な予定は豊島区「未来戦略推進プラン2012」をご覧ください。
「未来戦略推進プラン2012」(豊島区ホームページ より)
http://www.city.toshima.lg.jp/kusei/houshin/seisakukeiei/8377/026257.html

<施設別対応予定>

・B1ランク

■心身障害者福祉センター(新館)
「耐震補強工事の実施」
福祉救援センターとしての機能を確保するため、平成25年度耐震補強工事を行う。
補強工事の期間のうち、騒音の出る約3か月間は事業調整し、一部事業については他施設で実施する。
24年度・耐震補強設計、25年度・耐震補強工事、28年度・仮移転、大規模改修

■道路工事事務所
継続して検討する。

■旧高田小学校校舎
救援センターの指定解除」
救援センターの仕様は6月末をもって廃止し、千登世橋中学校南池袋小学校に指定変更する。
<スケジュール>
24年度・住民協議、25年度・基本計画、基本設計、測量、26年度・解体設計、実施設計、仮設道路工事、27年度・解体工事、擁壁改修、防災倉庫設計、28年度・公園工事、開設

■千早地域文化創造館
■千早図書館
「施設の移転」
平成27年度・「西部地域複合施設(仮称)」へ移転する。

■旧朝日中学校校舎
「耐震補強工事の実施」
平成29年度からの巣鴨北中学校改築工事に伴って、平成28年度に耐震補強工事等を行い仮校舎として使用する。
<スケジュール>
24年度・体育館耐震補強設計、25年度・体育館耐震補強工事、25年度中から・にしすがも創造舎使用(27年度まで)、28年度・校舎耐震補強及び仮校舎使用のための改修工事、29年度・巣鴨北中仮校舎として使用31年度途中まで)

■旧千川小学校校舎
特別養護老人ホーム、保育園等誘致のため、平成25年度解体予定。

■旧第十中学校校舎
野外スポーツ施設等整備のため、平成28年度基本設計予定。

■区民センター
■区役所別館
継続して検討する。

・B2ランク
■旧高田小学校体育館
「救援センター指定解除」
救援センターの仕様は6月末をもって廃止し、千登世橋中学校と南池袋小学校に指定変更する。
施設開放事業は平成24年度中に廃止し、25年度以降は近隣の学校開放等の利用を促す。
平成27年度解体工事までに、速やかに擁壁調査を行うなど安全対策を図る。

■旧朝日中学校体育館
「耐震補強工事の実施、一部使用休止」
平成25年度に耐震補強工事を行う。
平成24年度の「にしすがも創造舎」の体育館の仕様については、客席を設置する事業を休止する。
耐震補強工事期間中(25年度当初から10月頃まで)は、体育館の仕様はすべて休止し、校舎を使用した事業のみを実施する。

■埋蔵文化財資料調査室(巣鴨三丁目教育施設)
「使用の中止・廃止」
所在地:巣鴨3-8-9(巣鴨体育館敷地内)
建物面積:1160.80平方メートル
用途:埋蔵文化財の調査室及び収蔵庫、一部東京都教員組合豊島支部事務所
できだけ速やかに事業実施場所を確保し、使用を中止、廃止する。

■保健福祉部分庁舎2号館
「使用の中止・廃止」
所在地:巣鴨4-22-17
建物面積:274.59平方メートル
用途:介護予防事業実施
平成24年10月行こう、区民ひろば等に事業実施場所を移転し、廃止する。

■高松第一保育園
「耐震向上工事の実施」
平成27年4月までに千川小学校跡地に民間保育園を誘致する予定。
平成24年度に、運営継続しながら、耐震性をB1ランクまで向上させるスリット設置工事を実施する。(遊戯室については、Aランク程度まで向上)

■旧千川小学校体育館
「使用の中止・廃止」
救援センターの仕様はできる限り速やかに中止し、豊島体育館の利用に変更する。
選挙の際の投票所については、千川区民集会室に変更する。
施設開放事業は平成24年度中に廃止し、25年度以降は近隣の学校開放等の利用を促す。
敷地の新たな活用方法については、地元区民等と積極的に協議を行っていく。

■旧第十中学校体育館
「使用の中止・廃止」
施設開放事業は平成24年度中に廃止し、25年度以降は近隣の学校開放等の利用を促す。
野外スポーツ施設等整備のため、平成8年度基本設計予定。
 
 
・コンクリート強度不足
■区民ひろば池袋
「使用の中止・廃止」
区民広場を、旧大明小学校へ仮移転し、区民集会室を休止する。
区民ひろば池袋及び区民集会室の本格整備については、継続して検討し、今年度中に方針を固める。
※「2001年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準同解説」(監修 国交省)では、コンクリート強度の平均値が一定程度を下回る場合は改築を視野に入れた検討が必要としている。
  
  
  
豊島区議会議員 小林弘明へご質問・ご要望等 メッセージをお寄せください。
お問い合わせはこちらから!
kobayashihiroaki@kobahiro.jp
豊島区 議員 選挙 無所属 政治 小林弘明 区民ひろば 集会室 地震 震度 耐震 防災 避難 公園 小学校 中学校 保育園 


「いいね」ボタンを押して、応援してください!


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.


Leave a comment




前の記事:
»


b

このページの先頭へ