ブログ

【池袋・豊島区おしゃれレポート】駄菓子屋さん・菅商店


千川で駄菓子屋さんを見かけ、懐かしくなり立ち寄りました。
最近は、街の駄菓子屋さんも少なくなってきている気がします。

通りがかった頃はちょうど小学生くらいの子どもたちが6~7人ほど集まっていました。
みんなお菓子を食べながら雑談していて、見ていて和みました。

昔懐かしいおもちゃや駄菓子のほか、文具、ティッシュや洗剤などの生活用品も売っていました。
また、これも懐かしいのですが、10円玉をはじいてはずれの穴に入ってしまわないように遊ぶゲーム機械がありました。

店主のお母さんと話をし、子どもたちが帰ったあと外に出てみると驚いたことが。
なんとお菓子のごみが散乱していました。

あわてて店主のお母さんと一緒にごみを広いました。
ごみの数がすごく、すぐにバケツいっぱいになってしまいました。

話によると、お願いをしても直らないので、仕方なく帰った後毎回掃除をしているとのことでした。

私はお風呂屋で育ち、地域の人に叱られたり、注意を受けたり、アドバイスをもらったり、優しくしてもらったりと、地域の人に見守られながら育ちました。

時代が変わったといえばそれまでかもしれませんが、やはり悪いことは悪いと教えてあげるべきだと思うので、みかけた時は注意をしてあげようと思いました。

菅商店
東京都豊島区千川2丁目24−5
地図
http://goo.gl/PDFYL

PAGE TOP