ブログ

東京国際アニメフェアに豊島区もブース出展。世界コスプレサミット予選もあり、おおいに盛り上がっていました。


豊島区唯一の無所属 小林弘明 議員 選挙 政治

3月24日(日)、東京ビッグサイトで行われている、東京国際アニメフェア2013を見学に行きました。

東京国際アニメフェアは、日本のアニメーションを世界に発信する場として、石原慎太郎前東京都知事が提唱したアニメ業界世界最大級のイベントで、今年で11回目を数えます。
今年は3月21日~24日の4日間開催され、10万人以上が来場したそうです。

アニメ・マンガといったポップカルチャーに力を入れている豊島区も今年はブース出展をしていて、アニメ・マンガの街豊島区としてのPRをしていた他、トキワ荘とゆかりが深い漫画家・横山光輝先生のマンガキャラクター「魔法使いサリー」「バビル2世」「仮面の忍者赤影」の特別住民票を記念に販売していました。
ちなみに、これら特別住民票は、豊島区生活産業課や雑司が谷案内処でも販売しています。
期間限定での販売となりますので、ぜひ記念に買ってみてくださいね。

また、3月24日の日曜日には、世界コスプレサミット2013東京国際アニメフェア予選大会が行われていました。
世界コスプレサミット2013の予選は現在世界、日本国内の各地で行われていて、6月16日(日)には、各予選を勝ち抜いたコスプレイヤー達で今年度の日本代表を決める日本予選決勝大会が池袋西口公園で開催が決定しています。

以前、東京マンガ・アニメカーニバル in としまでコスプレイベントを開催して頂いたCOSSAN(株式会社ミネルバ)の柴田さんや、世界コスプレサミット2012、前大会の王者のチーム士魂の海都さん、霜月紫さんも審査員として参加していたほか、同日中池袋公園で展示会を開催していただいた、ジャパンコスプレ保全協会、ONIGIRIプロジェクトの雅南ユイさんとも再会することができました。

日本発のカルチャーとして、マンガ・アニメ、そしてコスプレといった文化の力強さと盛り上がりを、改めて確認した一日でした。
6月16日(日)に開催される世界コスプレサミットの最終予選も池袋で開催されるということで、文化芸術都市豊島区として区民の方にも来街者の方にも楽しく、素敵な街となるように、微力ながらそうした活動を応援していきたいと思います。

豊島区議会議員 小林弘明へご質問・ご要望等 メッセージをお寄せください。
お問い合わせはこちらから!
kobayashihiroaki@kobahiro.jp
小林弘明 豊島区 議員 公園

PAGE TOP