ブログ

豊島区立池袋第三小学校にて、東京豊島西ライオンズクラブ 補助犬 交流学習授業を実施。補助犬への理解が広まっていくよう、こうした活動を続けていきたいと思います。

豊島区立池袋第三小学校にて、東京豊島西ライオンズクラブの奉仕活動の一環で、補助犬交流学習授業を実施しました。

補助犬交流学習授業は、毎年池袋第三小学校、高南小学校の児童を対象に、日本補助犬協会と一緒に行っている活動です。

今回は、土曜公開授業に合わせて授業が行われ、児童だけでなく、保護者の方々にも授業をご覧いただき、補助犬のダンテくんとふれあって頂きました。

豊島区在住の介助犬ユーザー、安杖さんと介助犬ダンテくんは、日本補助犬協会所属です。
日本補助犬協会は、補助犬の3類型である盲導犬、聴導犬、介助犬の3種類すべてを育成している日本で最初の補助犬育成団体で、そうした旨も説明させて頂きながら、補助犬の説明をさせて頂きました。

兄弟からの情報や事前学習で、子どもたちの補助犬についての事前知識も深まってきました。
そのため、私も奉仕団体ライオンズクラブの説明をさせていただいたほか、安杖さんからも車椅子ユーザーや補助犬とのふれあい方との説明もしっかりさせて頂きました。

補助犬への理解が広まっていくよう、こうした活動を続けていきたいと思います。

◆関連記事
東京豊島西ライオンズクラブ 補助犬交流学習授業 @豊島区立高南小学校 2019年2月7日
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.2234155493314821&type=1&l=56cf91eaf3

東京豊島西ライオンズクラブ 日本補助犬協会・元町中華街視察
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1509404105802245.1073742235.120168468059156&type=1&l=435786ca70

#豊島区 #池袋 #補助犬 #日本補助犬協会 #東京豊島西ライオンズクラブ #ライオンズクラブ #豊島区イベント情報

 
 
◆~もし豊島区がこんな街だったらどうですか~ 豊島区政リサーチ アンケート実施中!

ぜひご協力ください!

「にぎわいの創出」を目指して様々な施策を実施している豊島区。
しかしながら、たとえにぎわいが生まれても、そのことで増えた収入が、しっかりと区民サービスに還元されなければ意味がありません。
そこで、私が思う「こんな行政サービスのある豊島区だったらいいのにな」と思える街を想い描いてみました。
あくまで構想の段階ですが、要望が多かったものについては、住み続けたい街・豊島区を実現していくためにも、また、にぎわいの創出で増えた収入を区民還元するためにも、今後の区議会活動や行政に対する提言としてしっかりと参考にさせていただきますので、ぜひアンケートへのご協力をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://goo.gl/forms/KqYG4vKBdL744r0H2

kobayashihiroaki@kobahiro.jp

豊島区 池袋 選挙 議員 豊島区議会議員 投票所 投票率 無所属 ポスター 結果 候補者 豊島区議会議員選挙
豊島区 議員 選挙 無所属 豊島区議会議員 小林弘明 ポスター 待機児童 費用弁償
PAGE TOP