豊島区 

放射線量 計測情報募集中

除染実施対象基準

区内における空間放射線量では、年間被ばく線量総量が1ミリシーベルト以上になってしまう、毎時0.23マイクロシーベルトを超える測定値は計測されませんでした。

しかしながら、花壇・砂場や側溝、雨どいの放出口や、道路脇の泥だまりなど、放射性物質がたまりやすい場所は存在します。
空間放射線量だけでなく、特に被ばくの影響が強く出る子どもたちが接しやすい場所を、地上5cm程度でさらに細かく調査をしたいのですが、実施範囲が膨大となり、区では実施が難しいのが現状です。

そこで、ガイガーカウンター・放射線量計測機器をお持ちの方にお願いがあります。
豊島区内の局所的な高放射線量(毎時0.23マイクロシーベルト相当以上)情報をお寄せください。

私の所属する会派「みんな・無所属刷新の会」が立会いのもと再計測・確認をし、区側へ迅速な除染処理の対応を要請します。

ミニホットスポットの発見につとめ、一刻も早く豊島区を安全・安心に過ごせる街にできるよう、区民の皆様と協力をしていきます。

ぜひご協力をお願いいたします。

豊島区内 放射線量情報(豊島区、みんな・無所属刷新の会、小林弘明まとめ)

豊島区内・主要施設・教育機関・公園等の放射線量情報はこちら。

計測時のお願い

除染対象は区有地、および区道等が対象になります。
私有地への無断立ち入りや、無断計測は絶対にお止めください。

その他のご協力に関しまして

計測情報をお知らせいただく以外にも、主旨にご賛同いただける方や、何か別の形でお手伝いを希望される方、また、ご意見などありましたら、豊島区議会議員 小林弘明のフォームまたは下記メールアドレスまでご連絡ください。
kobayashihiroaki@kobahiro.jp

[contact-form 2 “supporters”]

PAGE TOP