ブログ

【豊島区議会 議会報告】豊島区議会予算委員会 平成28年度予算審議

豊島区議会平成28年第1回定例会にて、予算特別委員会委員に指名され、平成28年度に執行する豊島区予算の審議を行いました。

予算委員会は、次年度の予算を審議するために各年第1定例会時に臨時に組織される特別委員会です。

毎年度議席番号の奇数または偶数の番号の議員が務める慣習となっており、奇数番・偶数番の議員18名が一年ごとに交代しながら審査にあたりま す。

今年は議席番号が奇数の私が委員を務めることになっており、私も委員として総括質疑、各項目別の款別歳出審査、歳入質疑、補足質疑、意見開 陳・提言を約2週間かけて行いました。

■予算概要
【1日目 総括質疑 】
今年度の予算の特徴は、なんといっても豊島区3年連続予算規模が拡大。
今年度の予算額も一般会計当初予算規模約1,218億円で、豊島区政史上過去最大額となりました。

この当初予算の概要から、各施策のプロジェクト単位である事業の種別を見ると、新規事業および予算拡充事業が210事業と活発な一方、昨年度 から廃止または縮小となった事業数は17事業しかありません。

新しく事業を始めるということは、簡単に取り組みを廃止できないということでもあり、毎年かかる経常費用が増えるということです。

これから先、東京オリンピック・パラリンピック、旧庁舎跡地整備、国家戦略特区市街地再開発、国際アート・カルチャー都市構想の実現が加速し てゆき、さらなる新規事業の増加も予想されるなか、果たして事業拡大の伸びに財政がしっかりついていけるのか、このままいたずらに増え続けて しまえば、時代にあった新規事業に取り組めなくなる可能性もあるので、その点について指摘・確認をさせていただきました。

質疑動画
https://www.youtube.com/watch?v=miNlWCqnwcM

■一般会計歳出・款別審査
【2日目 議会・総務費】
豊島区の民間企業との協同について質問しました。
財政負担をすくなくするために、 民間との協同はこれからの時代必要不可欠です。
民間にとってもメリットがある部分は区が活動を支援し、民間の活力を活かしてこそ、区民サービスの充実と民間企業、豊島区の活性化につながる ものです。
豊島区の現状について、他区の状況と合わせて、質問しました。

また、国会で成立した公職選挙法改正点の、共通投票所の創設について豊島区でも提言しました。
ご存じのとおり、18歳選挙権の開始に向けて法律が改正されたのは周知のとおりです。
同時に、投票を行う投票所について、選挙当日に指定された投票所以外でも投票ができるようになる「共通投票所」を創設することが可能となりま した。
さらに豊島区では、商業施設・駅・大学等での投票所創設を提言していましたが、次回選挙より東武百貨店・西武百貨店内に特設された期日前投票 所でできるようになりました。
そうして点を踏まえ、豊島区の今後の18歳選挙権の啓発や投票率向上施策について質問しました。

質疑動画
https://www.youtube.com/watch?v=tPsGZoKRNWA

【3日目 福祉・衛生費】
3日目福祉費・衛生費では、今年度重点事業である「女性のしなやか健康づくり事業」の中の一部事業である、「TSH検診」について質問しまし た。

TSH検診とは、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の検査をする検診です。

甲状腺刺激ホルモンの値を検査することによって、身体に異変がおきていないか調べる検診で、特に女性が発症しやすいホルモン異常や不妊、流産 に関連する異常を発見しやすいとされています。

豊島区では、他の自治体にさきがけて行われる検診で、20~39歳の女性を対象に28年度より開始しました。

先進的な取り組みかつ初めての取り組みとなりますので、具体的な内容について掘り下げて質疑しました。

質疑動画
https://www.youtube.com/watch?v=cr0ri_FHDC8

【4日目 環境清掃・都市整備・土木費】
清掃環境の分野では、平成28年4月からの電力自由化に向けた、環境都市豊島区としての取り組み、姿勢について質問しました。

これからは、電力の小売が自由化され、東京電力以外の電力会社からも電気を購入することができます。

他の自治体の売買電やスマートエネルギー等の事例もあげながら、豊島区の電気はこれからどのような方針でどこから購入・売却し、どのような利 用となっているのかを質疑しました。

価格だけではなくて、Co2問題や再生可能エネルギー等、環境面も考慮して選定している旨答弁を頂きました。

近年機運が上昇しきている自家消費用共同発電を考える市民団体「市民共同エネルギー」やその団体に対して、協同的にしっかりとした支援をする よう提言しました。

質疑動画
https://www.youtube.com/watch?v=71J357XiWWE

また、豊島区の空き家を有効活用するための「リノベーションまちづくり」の推進目標に対して、なかなか地権者の合意をとれていない現状につい て、提言を行いました。

現状よりもマンガアニメ等を活用しさらなる周知の徹底を行い、また、このリノベーションまちづくりへご協力いただくことについて、もっと地権 者にとってメリットがあるような提案をし、若者たちのアイディアや、リノベーションまちづくりを通して地域を活性かさせようとする機会が埋も れてしまわないよう、より工夫を行い、しっかりとした地権者対応を行うよう強く提言しました。

補足質疑動画
https://www.youtube.com/watch?v=jSAp4ebEKF4

【5日目 文化商工・教育費】

教育面での提言として、豊島区の子どもたちが、いわゆるエスコートキッズや、おもてなし対応の役割等、何らかの形で東京オリンピック・パラリンピックという貴重な機会にかかわれるよう、環境づくりや働きかけを豊島区として推し進めるよう提言しました。
また、パラリンピック開催に合わせて、障がい者理解の教育をしっかりと学校でも取り組んでほしい旨合わせて要望しました。

質疑動画
https://www.youtube.com/watch?v=ulEwlJ4YJAQ

東京、そして豊島区では様々なインフラが整備されている中で、フリーWi-Fiの整備については他都市・諸外国に比べてまだまだ甘い部分がある旨を具体例を交えて指摘しました。
帯域確保のための専用アクセススポットが8か所整備されている中で、池袋駅一日平均乗降者数約250万人を誇る街であるなか、インバウンド推進、来街者へのインフラサービスの整備はもとより、アクセスを活かした広告収益活用や防災時活用での区民サービス拡充、インフラの区民への還元を、バルセロナの「バルセロナWi-Fi」の事例を参考にしっかり取り組むよう、強く提言・要望しました。

補足質疑動画
https://www.youtube.com/watch?v=ulEwlJ4YJAQ

この後、歳入質疑、全体の補足質疑、意見開陳が行われましたので、その報告も動画とともにさせていただきます。

■関連記事・リンク
平成27年 決算委員会 意見開陳
http://kobahiro.jp/blog151126/

豊島区 無所属 小林弘明 議員 候補者 選挙 無所属 立教 豊島区議会議員 小林弘明、4年間任期最後の区政レポート、ぜひご覧ください。19日(日)の統一地方選挙告示を前に、皆様におく張りできる最新区政レポートもいよいよ今日までとなります。
 

豊島区 無所属 小林弘明 議員 候補者 選挙 無所属 立教 豊島区議会議員 小林弘明、4年間任期最後の区政レポート、ぜひご覧ください。19日(日)の統一地方選挙告示を前に、皆様におく張りできる最新区政レポートもいよいよ今日までとなります。
豊島区議会議員 小林弘明へご質問・ご要望等 メッセージをお寄せください。
お問い合わせはこちらから!
kobayashihiroaki@kobahiro.jp

豊島区 選挙 議員 新庁舎 無所属 投票 立候補 立教
豊島区 候補者 TUNE ゆうたろう 柴田昭 貝原大和 豊島区を盛り上げよう

PAGE TOP