トップページ > ブログ > 小林弘明 平成26年第3回定例会 一般質問 「女性に魅力的な街づくりを。豊島区のお母さんたちがステキで充実した ライフスタイルを送るための「お母さん支援制度」の導入を。」


前の記事: »

小林弘明 平成26年第3回定例会 一般質問 「女性に魅力的な街づくりを。豊島区のお母さんたちがステキで充実した ライフスタイルを送るための「お母さん支援制度」の導入を。」

https://www.youtube.com/watch?v=kSGszjIrKiE

現在開会中の「豊島区議会平成26年度 第3回定例会」において一般質問をさせていただきました。

今回は、
「女性に魅力的な街づくりを。豊島区のお母さんたちがステキで充実した ライフスタイルを送るための「お母さん支援制度」の導入を。」
と題して、豊島区の子どもを持つお母さんや、20代、30代を中心とした女性に対する支援制度の提案を行いました。

豊島区は2040年度までに20代・30代女性の人口数が半減する「消滅可能性都市」であるとの報道がなされました。

「消滅可能性都市」を脱却するためには、若い女性や子育て世代の女性の豊島区定住化を促進しなければなりません。

そのためにも、豊島区が女性にとって充実して多様なライフスタイルが実現できる街であるとともに、行政としてもその支援を行っていく必要があります。

そこで今回、その支援制度について具体的に提案をさせていただきました。

豊島区の女性が働きながら、子育てしながらも、趣味や自己研さんの講座に気軽に通えるような仕組みづくりと、自身の特技や趣味を活かした講座・カルチャースクールを気軽に開くことができ、豊島区として後押しできる制度を提案しました。

一般質問全文はこちら
http://kobahiro.jp/shitsumonh26-3/

区長答弁では、街コンをはじめとして、私が若者に対する取組を積極的に行っていることについて、良い評価をいただきました。

今後も20代、30代、40代、子育て世代が住みたい街から住み続けたい街になるように、頑張ります。

☆関連記事
としま100人女子会開催。女性たちの豊島区に対する率直な意見を勉強させてもらうため、見学をさせて頂きました。
http://kobahiro.jp/blog140720/

☆前回一般質問
豊島区銭湯にAEDを配備し、AEDの場所の周知徹底を。一般質問「AEDの重要性を再認識し、心停止における事故ゼロを目指して、銭湯や、高齢者が利用する地域の施設にしっかりと配備徹底を。」を行いました。
http://kobahiro.jp/blog140630/

豊島区議会議員 小林弘明へご質問・ご要望等 メッセージをお寄せください。
お問い合わせはこちらから!
kobayashihiroaki@kobahiro.jp
豊島区議会議員 無所属 小林弘明 一般質問 登壇


「いいね」ボタンを押して、応援してください!


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.


Leave a comment




前の記事:
»


b

このページの先頭へ