トップページ > ブログ > 消防団普通救命講習を受講。講習で学んだ知識・技術を、広く活かせるよう情報発信にも務めていきたいと思います。


前の記事: »

消防団普通救命講習を受講。講習で学んだ知識・技術を、広く活かせるよう情報発信にも務めていきたいと思います。

消防団普通救命講習を受講しました。

普通救命講習は数年前にも受講しておりますが、有効期限がせまってきたため、再受講しました。

豊島区救急業務連絡協議会 救急講演会
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1008275695902813.1073741996.100001611776311&type=1&l=c9da58a254

普通救命講習では、心肺蘇生法、AED操作、止血、気管からの異物吐き出させ(ハイムリック法)を実践しました。
胸部圧迫による心臓マッサージは、本格的にやると結構疲れますね。
周りの人に協力してもらいながらAEDや救急車が来るまでの間交代でするなど、その必要性を身をもって実感しました。

講師の方のお話によると、東京消防庁管内では現在、253台の救急車が配備されていますが、それに対して年間の救急出動件数はなんと約78万5000件にも及ぶそうです。

そのため、到着までの時間が都内でも年々伸びており、現在到着まで約8分半かかっていて、救急車到着までにいかに心肺蘇生法を実施できるかがカギとなってきています。

また、心肺停止の傷病者を発見してからAEDを手配し、使われるまでの時間も数分かかるのが通例で、その意味でもAEDのスムーズな手配、AED設置施設からの借り出し、AED操作と、それまでの間の心臓マッサージ(胸部圧迫)を行うことも重要です。

豊島区では、AED管理者、近くを通りがかった医療者、119番へ同時に通報できる緊急119番アプリ「Coaido119」を後援しています。

私も先日登録させて頂き、私の近くで倒れた方がいたらスマートフォンに直接連絡が来るように設定しました。

今日の講習で学んだ知識・技術を、広く活かせるよう情報発信にも務めていきたいと思います。

豊島区後援プロジェクト 周囲の助けを得られる119番通報アプリ『Coaido119』導入説明会
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1585563618174015.1073742245.100001611776311&type=1&l=80a5ff2be7

また、明後日27日(火)には、東武百貨店及び池袋駅西口駅前広場にて、消防フェス2018 in 池袋が開催されます。
ゲストに女優・モデルのトリンドル玲奈さんを一日消防署長としてお迎えし、ポンプ車・はしご車・消防車やヘリコプターによる本格的な演習や、防災トークショー、防火コンサートもあります。

ぜひ足を運んでみてくださいね。

消防フェス2018 in 池袋
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/1366

◆~もし豊島区がこんな街だったらどうですか~ 豊島区政リサーチ アンケート実施中!
ぜひご協力ください!

「にぎわいの創出」を目指して様々な施策を実施している豊島区。
しかしながら、たとえにぎわいが生まれても、そのことで増えた収入が、しっかりと区民サービスに還元されなければ意味がありません。
そこで、私が思う「こんな行政サービスのある豊島区だったらいいのにな」と思える街を想い描いてみました。
あくまで構想の段階ですが、要望が多かったものについては、住み続けたい街・豊島区を実現していくためにも、また、にぎわいの創出で増えた収入を区民還元するためにも、今後の区議会活動や行政に対する提言としてしっかりと参考にさせていただきますので、ぜひアンケートへのご協力をお願いします。

https://goo.gl/forms/KqYG4vKBdL744r0H2

kobayashihiroaki@kobahiro.jp
豊島区 議員 選挙 無所属 豊島区議会議員 小林弘明 ポスター 待機児童 費用弁償


「いいね」ボタンを押して、応援してください!


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.


Leave a comment




前の記事:
»


b

このページの先頭へ