トップページ > ブログ > 平成30年度豊島区議会予算委員会 質疑内容・動画 予算委員会1日目 総括質疑


前の記事: »

平成30年度豊島区議会予算委員会 質疑内容・動画 予算委員会1日目 総括質疑

◆予算委員会1日目 総括質疑
http://kobahiro.jp/yosanh30-1/


https://www.youtube.com/watch?v=plUJ5iCEHF0

運営スケジュールの確認と、予算概要の報告、予算概要に対する質疑を行いました。

今年度の予算規模は、一般会計予算は過去最大規模で、約1246億円です。
「子どもと女性にやさしい街づくり」「国際アートカルチャー都市の推進」を2つの軸に、223の新規・拡充事業が予定されているのが特徴です。

年々財政規模が大きくなるとと同時に、新たにはじめた新規事業は、採算が悪いからといってすぐに取りやめる、といったことはできません。
これらの財源をふるさと納税や地方交付税等のパイの奪い合いではなく、公民連携や自助努力によって財源を自ら創出することはまだまだ可能です。

公民連携担当部署がされましたので、豊島区役所の公民連携による区民サービスの向上や各事業の特色を生かした歳入の機会創出を期待します。
豊島区新庁舎建設時に高野区長が行った、合築による財源の創出で他の事業予算から配分されることなく庁舎建設を成功させたように、やりたい新規事業があれば、その分の歳入を創出していくことが非常に重要です。

また、昨年は豊島区は待機児童ゼロを達成し、「共働き・子育てしやすい街ランキング」で総合1位となりました。
女性の方々、子育て世代の方々にとって本当に住み続けたい街なのか、どのような点、施策が共働き・子育てしやすい街なのか、予算委員会の款別審査を通じて、しっかりと審議にあたります。

◆平成30年度豊島区議会予算委員会 質疑内容・動画まとめ
http://kobahiro.jp/yosanh30gateway/

◆予算委員会1日目 総括質疑
http://kobahiro.jp/yosanh30-1/

◆予算委員会2日目 議会費・政策経営費・総務費
パブリックコメント制度、公民連携について
http://kobahiro.jp/yosanh30-2/

◆予算委員会3日目 区民費・福祉費・衛生費
町会掲示板への掲示物(イベント情報や防災訓練など)の多言語翻訳で、外国人住民にも地域参加を
http://kobahiro.jp/yosanh30-3/

◆予算委員会4日目都市整備費
池袋西口公園整備事業経費、自転車施策・シェアサイクル制度
http://kobahiro.jp/yosanh30-4/

◆予算委員会5日目 文化商工費・子ども家庭費・教育費
http://kobahiro.jp/yosanh30-5/

◆予算委員会6日目 一般会計歳出補足質疑
Wi-Fi整備、放置自転車対策について
http://kobahiro.jp/yosanh30-6/

◆予算委員会7日目 公債費、歳入、特別会計質疑
http://kobahiro.jp/yosanh30-7/

◆予算特別委員会8日目 全部の補足質疑
2020東京オリンピック・パラリンピック ホストタウン制度
http://kobahiro.jp/yosanh30-8/

◆予算委員会9日目(審議最終日)意見開陳
http://kobahiro.jp/yosanh30-9/

◆~もし豊島区がこんな街だったらどうですか~ 豊島区政リサーチ アンケート実施中!
ぜひご協力ください!

「にぎわいの創出」を目指して様々な施策を実施している豊島区。
しかしながら、たとえにぎわいが生まれても、そのことで増えた収入が、しっかりと区民サービスに還元されなければ意味がありません。
そこで、私が思う「こんな行政サービスのある豊島区だったらいいのにな」と思える街を想い描いてみました。
あくまで構想の段階ですが、要望が多かったものについては、住み続けたい街・豊島区を実現していくためにも、また、にぎわいの創出で増えた収入を区民還元するためにも、今後の区議会活動や行政に対する提言としてしっかりと参考にさせていただきますので、ぜひアンケートへのご協力をお願いします。

https://goo.gl/forms/KqYG4vKBdL744r0H2

kobayashihiroaki@kobahiro.jp
豊島区 議員 選挙 無所属 豊島区議会議員 小林弘明 ポスター 待機児童 費用弁償


「いいね」ボタンを押して、応援してください!


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.


Leave a comment




前の記事:
»


b

このページの先頭へ