ブログ

豊島区の企業・ナチュラルナインさんと、東京都立大塚ろう学校へ『Deafピックピン』を寄贈させて頂きました。 また、その際の様子を取材いただき、豊島新聞6月30日号に掲載がされました。

#小林弘明地域活動 #としまSDGs
豊島区の企業・ナチュラルナインさんと、東京都立大塚ろう学校へ『Deafピックピン』を寄贈させて頂きました。
また、その際の様子を取材いただき、豊島新聞6月30日号に掲載がされました。

ナチュラルナインは、池袋に店舗を構えるダーツアクセサリーメーカーで、SDGsに積極的に取り組んでいます。
マスクアクセサリー『PICPIN(ピックピン)』の販売収益の一部で社会活動団体に寄付を行っており、先日も、引退馬の応援プロジェクトへの収益寄付が話題となり、メディアで取り上げられました。

関連記事
SDGsに貢献。豊島区の企業が開発した感染対策マスクアクセサリー「PICPIN」がニュースに取り上げられました。
www.facebook.com/kobayashi.hiroaki/posts/4274836655913351

Deafピックピンは、聴覚障害・手話者ダーツ団体Deaf Dartsの江川さんらろう者当事者の方々と一緒にデザインを考案されたマスクアクセサリーです。

「聴覚に障害がある」ということは、周囲の人にはわかりにくく、特に災害時や事故発生時には情報が行き届かないこともあります。
日常においても、手話や筆談でのコミュニケーションが必要なことを、わかりやすく周りに知らせることが大切だそうで、今回のDeafピックピンが誕生しました。

私が所属する東京巣鴨ライオンズクラブでは、もともと東京都立大塚ろう学校を中心にろう者への支援活動を行っていた縁もあり、今回このDeafピックピンを児童191人全員に寄贈させて頂きました。

マスク社会が続く中、こうしたマスクアクセサリーで、必要なメッセージを周りに伝えるのみならず、ワンポイントのおしゃれで気分が明るくなるようなアレンジができるということもあり、子どもたちからも喜んでもらえて非常に嬉しいです。

このピックピンには、Deafピックピン以外にも、見た目だけではわかりにくい「喘息」「花粉症」「妊婦」等を伝えるメッセージデザインのものもあります。

メッセージデザイン以外にも、数多くの種類のおしゃれでかわいいデザインのものがあり、限定デザインI♡池袋デザインのものもあります。
これら様々なデザインのピックピンは、ドンキホーテをはじめ全国の量販店で販売中です。

通信販売も行っていますので、ぜひチェックいただき、自分らしいおしゃれを取り入れながら、SDGs・社会貢献に参加してみてほしいと思います。

PICPIN通信販売ページ
www.natural-9.jp/shopbrand/picpin

ダーツショップナチュラルナイン
www.naturalnine.jp/

ダーツアクセサリー・ダーツメーカー L-style Darts Japan
l-style.info/

#兎味ペロリナ #lstyle #picpin #ダーツ #ダーツ好きと繋がりたい #ピックピン #ライオンズクラブ #巣鴨ライオンズクラブ #豊島区 #池袋 #豊島区議会議員 #豊島区議員 #マスクアクセサリー #マスクチャーム #SDGs #小林弘明SDGs #豊島区SDGs未来都市 #大塚 #新大塚 #都立大塚ろう学校 #手話 #ろう学校

豊島区 池袋 選挙 議員 豊島区議会議員 投票所 投票率 無所属 ポスター 結果 候補者 豊島区議会議員選挙
豊島区 議員 選挙 無所属 豊島区議会議員 小林弘明 ポスター 待機児童 費用弁償
PAGE TOP